furniture

照明(LIGHTING)

2014/02/06 / No Comments / posted under:Furniture

照明01
照明03
照明02

 

 
衣裳・衣装部屋を単なるクローゼットで終わらせない
居住空間にするなら、照明計画はかかせない。
衣裳・衣装選びのための照明とお気に入りの部屋全体照明との
バランスが大事。

 

照明器具いは、シーリングライト、ブラケット、シャンデリア
ダウンライト、スポットライト、関接照明、フロアスタンド、ペンダント、など
一般的に普及している器具には、蛍光灯と白熱灯があります。
蛍光灯には電球色:電球のように黄色っぽい光
白色:白と黄色の中間の光。昼白色:自然光に近い白い光
昼光色:やや青白い光があり、電球色が一番暗く感じ昼光色が一番明るく感じます。

 

補助照明としてスタンドなどを使う場合は、衣裳・衣装部屋に陰影ができ心地いい空間となります。
よりくつろぎ感を出したい場合は、床など低い位置に照明を置きます。
部屋全体の明るさは、合計ワット数が多ければ部屋が明るいというものではありません。
壁や天井を照らす方が効果的です。
その他、シャンデリアのような重い器具は
天井の補強が必要になるので器具の重量を確認しましょう。

 

写真:http://www.restorationhardware.com

 

 

 

 

 

 
洋服をインテリアに!
衣裳・衣装部屋の設計ご相談は、ナインマンス一級建築士事務所へ
(NOBORU TAKEUCHI)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>