007 ペンダント照明 PH5 louis poulsen

   

PH5 横浜市N邸ダイニング


美しく機能する名作照明
  
1958年に発表されたペンダント照明の名作。現在では、2種のホワイトタイプと、6種のカラータイプ、そして銅と真鍮タイプがあります。卓上がしっかりと照らされ、テーブルを囲むひとびとの顔を柔らかく美しく照らすという観点から、吊り下げ位置=テーブル面からの高さは60〜65cmに吊すのが、実用面から言ってもおすすめです。これ以上高く吊ると手元が少しづつ暗くなり、照明のまぶしい電球が視界に入ってくるようになってしまいます。
 
  

Designer: Poul Henningsen

  
Ligting Designer : Poul Henningsen ポールヘニングセン デンマークの女優アグネス・ヘニングセンを母として、コペンハーゲン生まれ
  
  

 
夜の長い北欧では、落ち着いた柔らかな明かりが求められてた。デザイナーのポール・ヘニングセンは、眩しさのない照明、目に優しい光を灯してくれる照明をテーマに、不朽の名作 「 PH5 」が誕生しました。
    
   

  
1958年、コペンハーゲンのデンマーク工芸博物館で開かれた展覧会「ガラス、光とカラー展」で発表された「PH5」は、デンマークで圧倒的な指示を得て“国民的ランプ”と称されるまでになり、発表から60年以上経ったいまでも世界中から愛され続けています。
 
   

PH5 ペンダントライトだけ点灯

  
   
ポール・ヘニングセン生誕125周年を記念して、無塗装、鏡面仕上げ真鍮シェードと白色塗装シェードを組み合わせたヴァージョンです。美しい経年変化が楽しめます。↓
  
  

横浜市金沢区 M邸

    
デンマークの照明メーカー、ルイスポールセン社と、ポール・ヘニングセンの協働は、代表作「PHシリーズ」は、対数螺旋という独特のカーブを持つシェードを基本に、その形状、サイズ、組合せをデザインし、グレアを抑え、光の反射や拡散をコントロールした。また、“スイッチを入れた時も切った時も美しくあるべき”という理想も同時に充たした ダイニングの照明としておすすめの逸品です。
  
  

最後にPH5だけでは暗すぎると不安な方へ PH5の吊り元をダクトレール仕様にして補助照明を併用することで、もう少し明るいのがお好きという方 そしてマンションの直天井などで器具の増設ができないお宅おすすめの方法となります。
  
  

PH5 ダクトレールにて補助照明併用 M邸