037 パナソニック 汐留ミュージアム

暮らしが仕事 仕事が暮らし この詩が好きです。
一級建築士 Noboru です。

本日 16日(日)最終日 いただいていたチケットを握りしめ
午前と午後の3件の打合せ後に高速道路でダッシュで汐留へ
Panasonic ショールーム4Fにあります汐留ミュージアム 『 河井寛次郎展 』
5時に滑り込みセーフ! ビルはあの電通のお隣り日曜日だから皆さんお休みの様子ですが建物が大きくて写真におさまらず、、、 ↓

ちょー急いでいるのに日曜日で、ガラガラの駐車場を横目に
Panasonicショールームの来客用の最下 B4F の駐車場へ ↓

こんどは 地上4F GO   Panasonicショールームの上汐留ミュージアムです。最終日 夕方5時 間に合いました。  ↓

1890-1966 大正-昭和時代の陶芸家。 明治23年8月24日生まれ。
京都市立陶磁器試験場にまなび 京都五条坂に窯をきずく。
柳宗悦(むねよし)の民芸運動に参加。変化にとむ器形や釉法を特徴とし昭和12年パリ万博,32年ミラノトリエンナーレ展でグランプリを受賞。
昭和41年11月18日死去。76歳。島根県出身。東京高工(現東京工業大)卒

( 日本人名大辞典+Plus より)

陶芸のほか、彫刻、デザイン書、詩、詞、随筆などの分野でも作品を残しています。

    

GoogleMAP 汐留 ↓

   

最新の情報はこちらへ
パナソニック リビングショールーム 公式サイト ↓