コンクリート検査の流れ 現場水中養生

配合計画書

事前にコンリートの配合計画書提出してもらい
確認させていただきます。

問題なければ、承認印を捺して建設会社さんへファックスし
コンクリート打設当日は、
受入れ検査を行います。

受入れ検査

生コンクリートの
ミキサー車からの現場受入れ検査です。

コンクリートの固さ、温度、空気量などなど
確認して後日、採取した円柱のテストピースを
機械で潰して強度の確認となります。

水中養生(現場水中養生)

コンクリート強度試験のため
コンクリート打設時に採取したテストピースを
水中に沈めて28日間置いておく水中養生しています。

空気中で養生するよりも温度変化が少ないく急な乾燥なく、
精度が高くなります。 
コンクリートは、乾燥をして固まるイメージですが、
実際にはセメントの成分と水とが化学反応する
水和反応(すいわはんのう)によって固まります。

水中養生が28日経過したら、圧縮する機械に
テストピースをセットして上から潰し、
3本の平均値が、設計基準強度超えていることを確認します。

7日目にも、同じ圧縮試験をしていてすでに強度は確認できております。